iPhoneや修理周りを語るブログ

アップルバズーカの中の人がiPhoneトラブルシューティングや修理やiPhoneの話をするブログです

iPhone7とiPhone8Plusの違いやスペックを比較してみた

 

iPhone 7iPhone 8 Plusの違いやスペックを比較してみた

support.apple.com

iPhone 7iPhone 8 Plus:新しい機能は?何が変わったの?進化したの?

まず外観から見ていきましょう。iPhone7の背面にはアルミが使われておりました。これがiPhone8シリーズからは前面・背面共にガラスで覆われたデザインへと変更されております。ガラスと聞くと落とした際に簡単にヒビがいったり破損しそうなイメージですが、一般的なガラスではなく耐久性の高い強化ガラスを使用しています。そして大きい変更点として次に挙げられるのがワイヤレス充電が可能になった点です。ただしこれには別途ワイヤレス充電機を購入する必要があります。前述のアルミからガラスに変更したのは、このワイヤレス充電を可能にするためです。次の変更点としては、後に詳しくのべますがカメラ機能です。こちらは大きく向上しておりポートレートライティングが可能になりました。同モードでエフェクト機能なども追加されています。これはPlusシリーズのみの機能となります。そして最後に挙げるのがのがチップの進化です。iPhone8シリーズからのA11チップで処理能力が大きく向上しています。前モデルのA10チップより最大で70パーセント高速で動作します。追記としてiPhone7から引き継がれている特徴の一つに防水機能がありますが、こちらもiPhone8シリーズではより優れた等級となっております。

iPhone7とiPhone8Plus:本体サイズと画面サイズや重さや厚みを比較

二機種の寸法の違いをまずデータで見ていきます。iPhone7のサイズは、4.7インチ(ディスプレイ)138.3×67.1×7.1 mm(高さ×幅×厚さ)138g(重量)となっています。これに対しiPhone8Plusのサイズですが、5.5インチ(ディスプレイ)158.4×78.1×7.5mm(高さ×幅×厚さ)202g(重量)となっています。個人的にはiPhone8Plusの重量は200g未満に抑えて欲しかったと思います。見比べた感じですと縦横共に一回りiPhone8Plusの方が大きいようです。縦の長さを比べてみますと、だいたいiPhone8Plusのカメラの下にiPhone7の上部が収まるくらいです。下側のスピーカー部分から見比べてみると、iPhone8Plusは横に広い分、スピーカーの穴が多いのが分かります。背面の大きな違いはやはりカメラレンズですね。iPhone8Plusは横長のデュアルレンズ、iPhone7はそれより小さめの丸形シングルレンズです。厚さは0.4mmしか変わりませんので、実際に重ねて比べてみても分厚さの違いはパッと見では分からないほどです。次に、重要な操作性を比較してみます。実際に持ってみると見た目以上の大きさの違いを感じます。iPhone8Plusの大きさがしっくりくるのは男性でも相当手の大きい人位で、それ以外の普通の男性や女性にとってはiPhone7(それでも大きいかもしれませんが)の方が圧倒的に持ちやすいでしょう。iPhone8Plusは重さも200gを超えているので片手で操作するのは諦めた方がよさそうです。

iPhone7とiPhone8Plus:CPU性能やカメラ性能を比較

CPU性能の違いとしてまずはチップの比較ですがiPhone7ではA10(4コア)チップ、iPhone8PlusではA11(6コア)チップを搭載しています。iPhone8Plusのチップは、iPhone7のチップに比べて高効率コアは最大70パーセント高速になります。また高性能コアも最大25パーセント高速になっています。さらにiPhone8Plusではニュートラルエンジンと呼ばれる新しいハードウェアを内蔵することにより、より高度な処理が可能になってします。iPhone7でも十分な処理速度を誇っていましたが、iPhone8Plusはさらにそれを超えるということです。重たい処理やゲームをする方にとってこれはうれしいグレードアップですね。続いてカメラの方ですが、iPhone8PlusのカメラにはiPhone7にはないポートレートモードがあります。これで撮影するとピントのメリハリが効いた写真が撮れます。一般の方でもまるでプロのカメラマンのような味のある仕上がりになります。さらにポートレートライティングを使用すると、光量を調節し、メインの被写体にツヤを出してよりはっきりとメッセージ性の強い写真にすることができます。このあたりはさすがデュアルレンズというだけあって機能が豊富です。写真を撮るのが好きな方やカメラ性能に拘る方はiPhone8Plusを選ぶことをおすすめします。

iPhone7とiPhone8Plus:本体のメモリ容量と色のバリエーションを比較

本体のメモリ容量(ストレージ)ですが、8プラスは64GB/256GB、7は32GB/128GB/256GBという展開になっております。8プラスが二種類、7は三種類から選べるので、この点は7の方が優れていますね。特に最小32GBの選べるのが非常に大きい利点です。あまり大容量は必要ではなく、本体価格を抑えてiphoneが欲しい人のため16GBもあっても良いと思うのですが、ラインナップから外れてしまったということは需要が少なかったのでしょうか。次にカラーバリエーションを比較してみましょう。8プラスのカラーは「ペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」の三色、7のカラーの方はというと「ローズゴールド」「 ゴールド」「 シルバー」「ブラック」「ジェットブラック」「PRODUCT RED(生産終了)」となっています。8プラスは3色で、7は最大6色ありました。カラーバリエーションも7に軍配が挙がりますね。特に人気のジェットブラックや、思わず目を引くプロダクトレッドの希少価値が高そうです。iphoneに見た目の可愛さを求めるなら7も選択肢としてはアリでしょう。マシンスペックで大きく進化した8シリーズでストレージとカラーのバリエーションが減ってしまったのは残念ですね。iPhoneX以降を主力とするために敢えて抑えていたのでしょうか。

iPhone7とiPhone8Plus:バッテリー性能やその他シンカした点などを比較

バッテリー性能を比べてみましょう。カタログスペック上の駆動時間(通話) 駆動時間(インターネット) バッテリー容量 で比較するとiPhone7は(最大14時間 最大12時間 1,960mAh)iPhone8 Plusは(最大21時間 最大13時間 2,691mAh)となっています。ここには書いておりませんが、実はiPhone8のバッテリー容量はiPhone7より小さくなっています。ですがPlusは本体が大きい分バッテリーも大きいので、その分バッテリーも長持ちするということですね。それに重要なのはバッテリーの容量ではなく駆動時間の方です。こちらは8も7も変わっておりませんし、もちろん8プラスは7より上です。その他の細かな変更点として、背面のリンゴマークがあります。7では「総務省」のマークがさりげなく入っていたのですが、8プラスはリンゴマークとiphoneロゴだけというスッキリしたデザインになりました。言われないと気付かないくらい小さな変更ですが、apple信者にとってはよくわからない総務省のマークがなくなるのは嬉しいですね。あとはBluetooth規格が4.2から5.0対応可能になった、ディスプレイにTrue Tone displayが搭載されたことでしょうか。これはiPad Proに採用されていた機能で、周りの光に合わせてディスプレイを調整して、いつでもどの環境でもiPhoneの画面を同じように見ることが出来るという優れた調整システムです。

iPhone7とiPhone8Plus:違いの比較まとめ

以上がiPhone 8plusとiPhone 7のスペックを比較検証した結果です。7から8plusの間には、大きさ以外の外観はさほど差がありませんが、肝心の中身はパワーアップしています。実際に使っていて一番進化したと感じるのはやはりワイヤレス充電でしょう。鬱陶しい充電コードを脱却できるのは、カタログ上の数値では計り知れない開放感が味わえると思います。またplusならではのデュアルレンズを活かした高機能カメラで、写真撮影がもっと楽しくなりますし、大容量バッテリーで長時間の使用にも耐えられます。そのほかにも動作の早さや高級感はきっとユーザーを満足させてくれるものでしょう。8plusの良いところばかりを列挙してきましたが、iPhone7も容量・色の選択肢が多い端末であり、通常の使用なら十分なスペックを持っています。何より型落ちなので安く購入できるというメリットがあります。とはいえより新しいモデルを使いたいという気持ちもあるでしょう。正直どっちを買えばいいのかは難しい問題かもしれません。基本的には、スペック重視なら8plus、価格重視なら7を選べばよいと思いますが、購入するならじっくり検討することおすすめします。

 

www.sma-stylish.com

akmk.hatenablog.com